寄れない?そんな時はクローズアップレンズがあるじゃないか!

寄れない?そんな時はクローズアップレンズがあるじゃないか!のアイキャッチ画像

どうもキュウ(@kyu7_com)です!

今までカメラは人と接するための道具にしか過ぎませんでしたが、LeicaM10を購入してからは写真を撮るのがとてもとても楽しくて毎日触っては(・∀・)ニヤニヤし外に出たら持ち歩くそんな生活になりました。

僕の持っているレンズはCarl Zeiss(カールツァイス) C Sonnar T* 50mm F1.5 ZMってレンズなんですが、これがまた寄れないのなんのって(;´Д`)

スナップを撮っている時は気にならないんですが、美味しそうなご飯や僕の趣味であるねんどろいどの撮影ってなると被写体からだいたい1mくらい離れないとピントが合わないので中々お気軽には撮れない代物になっています。

寄れるレンズを買えば良いのは解っています。

僕の友人たちは皆Leicaで寄れるレンズを使いテーブルフォトなんかを撮っています。

僕だってお金が沢山あればマウントアダプターをつかいマクロプラナーなんかを購入してドヤってLeicaでテーブルフォト(主にラーメンと酒)を撮影したいです。

が、しかしフルローンを組んでLeicaを購入している身としてはおいそれとレンズを購入するわけにはいきません。

寄って撮るにはスマホで・・・

がしかしせっかくLeicaを持っているのにスマホで撮るってのも寂しい限り。

ということでクローズアップレンズを購入してみました。

クローズアップレンズを使って撮ってみよう!

クローズアップレンズとはいま手持ちのレンズに取り付けるだけでマクロ撮影が出来るスグレモノ!

種類は一般的に4種類あるようです。

寄れるということはLeicaを使ってMマウントの寄れないレンズでもテーブルフォトなんかでも使える様になります。

そして僕の趣味でもある「ねんどろいど」の野外撮影でももしかしたら使えるかもという淡い期待を持って購入してみました。

とりあえずオーソドックスな4種類を購入してみて使ってみたよ!

撮影場所は隅田川のテラス。

苦い思い出がありますが、ゆっくり撮影出来る僕のお気に入りの場所でもあります。

ポイント

作例はすべてF値5.6で撮影しています

 

クローズアップレンズなし

クローズアップレンズなし

とりあえずそのままで撮ってみましたが被写体まで実に1mくらい離れての撮影になります。

これだけ離れてしまうと平気で人が前を横切りますw

ということで順番に取り付けてみましょう。

クローズアップレンズ+1

クローズアップレンズ+1

クローズアップレンズ+1

クローズアップレンズ+1

クローズアップレンズなしの時より一歩近づいたあたりでピントが合います。

風景だとなんかあまりクローズアップレンズ無しの時とあまり変わらない印象ですが、花と一緒に撮ると影とかも一緒に入ってとってもいい感じに撮れますね・・・

クローズアップレンズ+2

クローズアップレンズ+2

クローズアップレンズ+2

クローズアップレンズ+2

+2までくると結構寄ってる感出てきますね。

そしてこのあたりから一気にピントが被写体よりになりボケてきます。

たぶんこのへんはレンズによって変わってくるんだろうけどね。

クローズアップレンズ+3

クローズアップレンズ+3

クローズアップレンズ+3

クローズアップレンズ+3

個人的にはコレくらいが一番好きな感じですね。

背景ボケが強くなってきましたがコレくらいならまだどこで撮ってるかわかるレベルです。

クローズアップレンズ+4

クローズアップレンズ+4

クローズアップレンズ+4

クローズアップレンズ+4

マクロ撮影するなら良いけどちょっと寄りたいって時にはあまり向かない感じがしますね~

C Sonnarでテーブルフォトをするならクローズアップレンズ+3くらいが良いのかも

個人的に一番撮っててしっくり来たのがクローズアップレンズ+3でした。

程よく寄って撮ってて楽しかったのが+3

 

札幌に行った時に食べた焼き鳥は最高にうまかった・・・

また行きたいな・・・

使用機材